ぷちこの暮らし研究

料理好きの主婦が、無理なく背伸びせずに自分にてとっての心地のいい暮らしを見つけるためのブログです。

ストウブレシピ*ホクホク甘〜い焼き芋の作り方。

【スポンサードリンク】

(2018/11/15に更新しました)

こんにちは!ぷちこです。


いや〜。
この季節がやってきましたね。

秋になると食べたくなるアレ。

そう、

焼き芋!!


子どもの頃夜になると

い〜しや〜きいも〜。おいも~!

の声とともに現れる移動式屋台の焼き芋が大好きでした。


声が聞こえると慌ててサンダルを引っ掛けて、寒空の下を母親と屋台を追いかけたな〜。


今ではよく見かけるスーパーの焼き芋も、私が子どもの頃は売っていなかったんですよね。
だから屋台が来る時くらいしか食べる機会がなくて、その分わくわくが止まらなかったです。


今は屋台自体あまり見かけませんが、
昔の屋台は本当に石焼きで、ホクホク甘くて幸せの味でした。

おいしかったな〜♪


あの頃の味が忘れられなくて、ストウブで再現できないかな?と試行錯誤。





ねっとり甘くてホクホク。
皮の焦げ目が香ばしい、これぞ焼き芋!!


このレシピで作ると、スーパーのお安いさつまいももホクホクの甘~い焼き芋になっちゃいます♪

ストウブを持っている方にはぜひ一度作ってもらいたいです。

【スポンサーリンク】




ホクホク甘〜い焼き芋の作り方

【材料】

さつまいも (種類は何でもOK)
水①    50ml(ラウンド20くらいのサイズなら30mlくらい)
水②    50ml(ラウンド20くらいのサイズなら30mlくらい)
※今回はオーバルの27㎝を使用しました


【作り方】

①まずはさつまいもをよく洗う

②アルミホイルかクッキングペーパーを個数分ストウブに敷いて、その上にさつまいもを乗せる
(クッキングペーパーのほうが洗い物が楽かも)
包むんじゃなくて乗せるだけで大丈夫です!


③さつまいもに水をかけながら入れたら、蓋をして中火で5分加熱



④火を弱火にして20分加熱

だんだんと皮の焼けるいい匂いがしてきますよー♪



⑤20分経ったらひっくり返します。

イイ感じの焼き目がついてるはず(๑¯◡¯๑)


⑥ひっくり返したらまた水をかけながら入れて15分〜20分加熱して、串がスッと通ったら出来上がりです♪

ひっくり返してからの加熱時間の目安は細いもの、小さいものは15分。
太めなもの、大きいものは20分です。


焼き芋におすすめなさつまいも



しっとりホクホクした焼き芋が好みの方には紅はるかがおすすめです♪
紅はるかは麦芽糖を多く含んでいるのでしっとり系のさつまいもです。





ねっとりとした焼き芋が好みの方には安納芋がおすすめです♪
ねっとり系の定番といえば安納芋!!色が濃い黄色で甘みが強いのも特徴です。

【スポンサーリンク】




まとめ

色々と作り方を試しましたが、この作り方が1番甘さ、ホクホク具合、焼き目のバランスが良くてTHE・焼き芋!!って感じになります。


実は初めてのストウブを買うときに、焼き芋を作りたくてオーバルの27㎝を選びました。

今思うとラウンド20でも作れるんだけど、この時はこのフレーズに惹かれて猪突猛進してました(*ノωノ)
それくらい焼きいもが好きなんです!


ストウブを使って料理をすると素材の旨味に毎回のように驚かされますが、焼きいもを初めて作った時はあまりの甘さに感動しました。
お子さんのいる家庭では、おやつにもぴったりだと思います!

ぜひ一度作ってみてください♪
分からないこと、気になること、感想もお待ちしています。

▼こちらもおすすめです♪
www.puchico-kurashikenkyu.work


ここまで読んで頂きありがとうございました。

参加させて頂いています。
よかったらポチっと応援お願いします♪

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ