ぷちこの暮らし研究

料理好きの主婦が、無理なく背伸びせずに自分にてとっての心地のいい暮らしを見つけるためのブログです。

ストウブで作るトマト缶と野菜たっぷりスープのレシピ*無水料理

【スポンサードリンク】

こんにちは!
トマトスープ大好きなぷちこです(*'ω'*)♪


ストウブでトマト缶と野菜のたっぷりスープを作りました♪

f:id:puchico111:20181106072729j:plain:w500


トマトスープは大体の野菜と相性がいいので、夏野菜でも冬野菜でも、その日冷蔵庫にある野菜と睨めっこしてその日の選抜メンバーを選びます。


ちょっと残ってしまった野菜や、ひとつひとつの野菜は少なくてもいろんな種類を集めれば、たっぷりの野菜が入ったご馳走スープに変身です。


今回の選抜メンバーはあっさりスープの気分だったのでしめじとキャベツの2つだけにしました。

トマト缶と冷蔵庫の野菜で手軽に作れるので、ぜひ作ってみてください♪

【スポンサードリンク】


トマト缶を使ったたっぷり野菜スープのレシピ

【材料/2〜3人分】

トマト缶        1缶
(ホールトマトがおすすめ)
シーチキン       1缶
またはベーコン     2~4枚くらい
好きな野菜       好きな分量
※今回はしめじ     1/3株
    キャベツ    大き目な葉を2枚
コンソメ        小さじ1弱~好みで
またはハーブソルト   
※今回はハーブソルト  小さじ1くらい
ブラックペッパー    適量
※ハーブソルトに入っている時は入れなくてOK

作り方

1、ストウブにトマト缶を潰してから入れる

2、シーチキン(汁ごと)か細く切ったベーコン、食べやすい大きさに切った野菜を入れる

3、蓋をして弱めの中火で一度沸騰させ、5分~10分煮込む
※入れる野菜の数が少ないときや葉物野菜の時は5分程、多く入れるときや根菜を入れるときは10分程様子を見てください

4,、蓋を開けて全体が混ざるように混ぜたら、コンソメかハーブソルトで味付けしてひと煮立ちさせたら完成です♪

☆私はトマトの酸味や味が活きている味付けが好きなので、最後に味付けをしています。
しっかりとした味付けが好みの方は、3で一緒に加えてください。


味付けも、その日の気分や季節に合わせていくつかの中から選びます。

今回はシンプルにハーブソルトのみで味付けしました。
はっきりしている味付けをしたい時はコンソメで味付けします。


トマトスープに合うおすすめ野菜

トマトスープと相性のいい野菜を書いておくので、良かったら参考にしてみてください♪

【春】

*玉ねぎ
スナップエンドウ
*ヤングコーン

春キャベツ、新玉ねぎ、新じゃがいも、人参にコンソメで味付けをすればミネストローネになります♪


【夏】

*茄子
*ズッキーニ
*パプリカ
*しめじ

にんにくとブラックペッパーでパンチの効かせれば、夏のスタミナをつけたい時におすすめです♪
この組み合わせはベーコンとコンソメの味付けがイチオシです!

夏は冷やして食べるのもおいしいです♪

【秋】

*しいたけ
*たまねぎ
*アスパラ

たっぷりの椎茸とアスパラの組み合わせは、風味と食感がおいしい組み合わせです♪

*しめじ、椎茸、茄子、ズッキーニ、キャベツ
秋のキャベツは外側の葉が硬いので、食べやすいようにスープに入れると食べやすくなります♪
体が冷える時は、刻んだしょうがを少し加えると温まりますよ♪

【冬】

*ほうれん草
*玉ねぎ
*にんじん
*じゃがいも(さつまいも)

生クリームや牛乳を少量加えて、クリーミーにしてもおいしいですよ♪

ブロッコリー
*玉ねぎ
*しめじ

ブロッコリーを入れると食べごたえがかなりアップします!


【スポンサードリンク】



番外編

野菜ではなく穀類になってしまいますが、
もち麦キヌアを入れるとプチプチ食感がプラスされておいしいです。

食物繊維を多く含んでいるので、便秘解消にも効果的です。
腹持ちもいいので、ダイエットの時にもおすすめですよ♪


さいごに

ストウブで作るトマトスープは野菜の旨味を存分に活かせるスープです。

材料を入れたら弱火でコトコト、簡単あっという間に出来上がりです♪


ぜひシンプルな味付けの素材の旨味たっぷりトマトスープを作ってみてください(*'ω'*)♪


▼今回使用したのはラウンドの16㎝です♪

▼関連記事
*ストウブで作る焼きりんごもおすすめです♪
www.puchico-kurashikenkyu.work



それではこのへんで。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加させて頂いています。
ブログを読んで良かったな、と思ったらポチッと応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ