ぷちこの暮らし研究

料理好きな主婦が料理・レシピ・健康・節約についてなどの暮らしについて学びながら書いているブログです。

アラサー懐かしの味、森永チョコフレークが生産終了へ。終了時期と理由は?

【スポンサーリンク】

こんにちは!

ぷちこです。


森永チョコフレークの生産終了が決まったそうですね。

www.morinaga.co.jp


チョコフレークといえば、アラサーにはドストライクのお菓子だと思います。
あの甘さと食感、癖になるんですよね~。
たまーに何個かくっついている塊を見つけると嬉しかったなぁ~(笑)
大人になってからは食べることがなくなっていましたが、子どもの頃の懐かしの味が無くなってしまうのは残念です(´;ω;`)

今日は長年の感謝とお疲れさまの気持ちも込めて、振り返りながら書きたいと思います。

1、生産終了時期と理由

森永製菓は千葉県野田市の子会社工場を閉鎖するため、2019年の4~6月頃に生産を終了することを発表しました。
チョコフレークは昭和42年に生産・販売が開始されたロングセラー商品ですが、スマホの普及に伴い『ながら食べ』に向かないことから5年前から売り上げが落ち込んでいたそうです。

また近年の健康ブームの高まりからカカオの含有量が多い苦いチョコレートが好まれるようになったことなど、消費者の嗜好の変化も影響しているのかもしれないですね。

もう美味しいだけじゃ売れない時代なんですね・・・(;´・ω・)


2、懐かしのパッケージ

生産終了ニュースで今のパッケージってこんな感じなんだーと思ったのは私だけではないはず!

私の中ではチョコフレークのパッケージといえば箱!!

著作権の関係で画像は載せられないのですが、
(気になる人は検索してみてくださいね!)

一目見て、

懐かし~(≧▽≦)

と叫びました(笑)



確かチョコフレークが銀の袋に入っていたような・・・。
いつも妹と2人で一箱だったので、手を入れて袋をシャカシャカ言わせながら食べたなぁ(笑)
今多く取ったでしょ!とケンカしながら、夢中で食べた思い出の味です。

久しぶりに見るとやっぱりテンションが上がりますね!!
そのまま食べるか、牛乳をかけるかで悩んだな~。
今考えるとなんて幸せな悩み♡(笑)
思い出すだけでわくわくが蘇ってきます。

食べられなくなってしまうのは本当に残念です( ;∀;)


3、まとめ

生産終了の決まった森永チョコレート。
時代の流れとはいえ、懐かしの味がなくなってしまうのは寂しいですね。
みなさんはどんな思い出がありますか?

生産終了は来春の予定とのことなので、最後に食べ納めをするのもいいかもしれませんね。
カールの時のように転売目的の買い占めが起きて、本当に求める消費者の元に届かない…なんてことがないといいな。
私も最後に食べ納めをしようと思います。

森永さん、たくさんの幸せと思い出をありがとうございました!!


ではこのへんで。
ここまで読んでくださりありがとうございました。